胡蝶蘭コラム

胡蝶蘭の肥料のやり方は?肥料のやり方と簡単にできるの?

肥料とは植物の成長をサポートする栄養剤です。

胡蝶蘭をお祝いなどでもらったことで、育てるようになり、肥料は何をいつ与えれば良いのか悩んでいませんか?

そもそも胡蝶蘭には肥料は必要なのでしょうか。簡単なのかどうかで、鉢植えにするか悩んでいる人もいるかも知れません。

そこで今回は、胡蝶蘭の肥料の与え方と注意点について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

\チャット相談可能!当日配送可能、送料無料/

新鮮な胡蝶蘭のHANAMAROならこちら

胡蝶蘭に肥料は必要なの?

そもそも、胡蝶蘭に肥料は必要なの?と悩んでいませんか?

胡蝶蘭も普通の植物ですので、適切な時期に、ほどよい量の肥料を与えることは、胡蝶蘭の株を成長させます。

成長期に肥料を与えることで、葉を十分に大きく成長させ充実した株に育てることはできます。

ただ、そこでどんどん成長させたいと思い、常にたくさんの肥料を与えてしまってはいけません。根が腐ってしまいます。

購入したばかりの胡蝶蘭には必要がない

このことからも分かる通り、胡蝶蘭の肥料というのは、元気な株の成長を助けるために与えるものなのです。

弱っている胡蝶蘭に肥料を与えてしまうと余計に弱ってしまうことがあります。

また、購入したばかりの胡蝶蘭は、農園で元気に育てられていますので、1~2年間は肥料を与える必要はありません。

このため、肥料が必ず必要かというと、そういったことはないので、育てるにはとても簡単ですよね。

胡蝶蘭は、実は水に含まれる栄養で十分育ちます。

胡蝶蘭の肥料を与えるかどうか判断する時期

胡蝶蘭の肥料を与えるべきかどうか判断することですが、いらないかどうかというのは、だいたい春から秋にかけて、胡蝶蘭の株を見て考えます。

新しい根がしっかり伸びている状態であれば肥料を与えて大丈夫です。

たとえ5月になっても新しい根がまだでしたら、成長するまで肥料を与えるのは待ちましょう。

胡蝶蘭に与える肥料はどんなものがいいの?

胡蝶蘭の肥料を選ぶ際は、通常の肥料ではなく、洋ラン用の肥料を使用してください。

通販でも、洋ラン用の肥料が販売されています。

肥料の種類には、液体肥料、固形肥料の2種類があります。また、固形肥料の中でも有機質と無機質があります。

液体肥料

・根から早く吸収するため、効果も早い
・余分な肥料が残らない
・与え方が簡単
・匂いが出ないため、室内で使いやすい

液体肥料は原液か粉末肥料を水に溶かして使うのが一般的です。

原液でも粉末状のものでも規定倍率の水に溶かします。

水を倍量入れて、薄めたものを与えてください。

固形型の肥料

・効果がゆるやかなため、濃度による障害が少ない

・土の中にいる微生物が活性化するので、土壌が健康的になる

固形型の肥料というのは、主に油粕と骨粉を、混ぜて固めたタイプの肥料になります。

効果がゆるやかなため、濃度による障害が少ないのが特徴で、土の中にいる微生物が活性化するので、土壌が健康的になります。

ただし、梅雨の時期など、固形のまま肥料が鉢の上に残ってしまいますので、濃い状態の肥料が根を傷つけてしまう可能性があるので注意をしてみてください。

まとめ

今回は、胡蝶蘭の肥料の与え方について紹介しました。

肥料で大事なのは、与える時期を間違えないことと、そして与える時期でも通常より薄めにしてあげること、弱っている時に与える必要がないことです。

そして、肥料は気温が暖かくなってきてから与えることで、株の成長を促し栄養分を補うことができるものです。

購入したばかりの胡蝶蘭には肥料は必要がありません。また肥料は専用の肥料を与えてあげるのが一番です。

購入するなら、胡蝶蘭の専門店で、チャット相談で相談をしたほうが確実なので、おすすめです!

長く楽しめるのと、鉢植えでは1か月~2か月、切り花では2~3週間楽しむことができます。ぜひネット注文を検討してみませんか?

\チャット相談可能!当日配送可能、送料無料/

新鮮な胡蝶蘭のHANAMAROならこちら