胡蝶蘭コラム

胡蝶蘭の水のやり方と、水はどのぐらい必要になるの?

胡蝶蘭を頂いた場合や、胡蝶欄の花を育てていきたいという場合には、水のやり方と頻度やタイミング、どのぐらい必要なのか、知りたい人は多いと思います。

結論から言うと、胡蝶蘭は、水やりなどの世話をする手間があまりかからない植物です。

頻度は季節により変わってきますが、1週間~2週間に一度ぐらいの水やりで丁度いいです。

そこで、胡蝶蘭の水やりの方法とそのタイミング、注意点をご紹介したいと思います。

\チャット相談可能!当日配送可能、送料無料/

新鮮な胡蝶蘭のHANAMAROならこちら

胡蝶蘭は、それほど水は必要がない!

胡蝶蘭は、基本的に水はやりすぎなくても問題ない強い花です。

基本的には、「水苔やバークが乾いてから水やりを行う」という形で大丈夫です。

むしろ、胡蝶蘭は、水を与え過ぎてしまうと、根腐れを起こして枯れてしまいますので注意が必要です。

胡蝶蘭にお水を与える回数と量についてはどのぐらいになるの?

胡蝶蘭にお水を与える回数になりますが、胡蝶蘭の設置場所・温度・湿度などによって大きく異なる為、はっきりと回数というものは決まっていません。

一つの目安としては、植え込み部分の表面が乾いて水気が感じられなくなってから与えると良いでしょう。

そして、水を与える場合はコップ1~2杯程度でOKです。

基本的に胡蝶蘭へ水やりは植え込み部分に与えますので、如雨露(じょうろ)やコップなどで問題ありません。

尚、乾燥する時期・季節などには花びらへ直接水を与える事が出来る霧吹きがあると、とても便利です。

水を上げる場合には、ラッピングを外したほうがいいの?

胡蝶蘭に水を与える場合ですが、ラッピングされた状態で水を与え続けると、水が溜まって根腐りを起こす原因ともなります。

その為、ラッピングやセロハンはとってから育てるようにしてみてください。

但し、開店祝いや就任祝いのプレゼントで貰った胡蝶蘭の場合、送り主様のお気持ちも考え、お祝いからある程度日数が経ってから外してくださいね。

そして、寄植えされている場合も、鉢の表面に敷き詰められている水苔などの資材を取り除きます。

胡蝶蘭が1株ずつポリポットに入っており、発泡スチロールを使って動かないように固定されていると思います。それを取り除いてから、水を与えて、そしてもとに戻してください。

鉢底から流れて受け皿にたまった水は必ず捨ててください。

胡蝶蘭は水は少なめでOK。根腐れとは?

胡蝶欄の場合は、水は少なめで良いです。

4月〜9月頃までは週1回たっぷりと、水苔の場合は完全に乾ききってから与えるようにします。

10月〜3月までは、10日〜2週間に1回程度に水やりの頻度を変えましょう。頻繁に水やりをしてしまうと根腐れを起こす原因になります。

根腐れが心配な方は、割り箸などで確認してみましょう。そして割り箸が湿っていなければ大丈夫な状態です。

渇水症状と根腐れ、どちらにも注意を

胡蝶蘭は、このように水やりは乾いていないかどうか、確認してから水やりが必要です。根腐れの危険性があります。

気をつけたいのが、渇水症状と根腐れ、どちらも見ていきたいと思います。

渇水症状

胡蝶蘭の渇水症状ですが、葉に蓄えた水分も使い生きているため、水分が足りなくなると葉にシワが増え始めます。

これが渇水のサインです。

基本的には、根腐れから、渇水になります。

水やりをしても渇水状態になるのは、根腐れをおこして給水活動ができていない可能性が高いです。一度シワシワに渇水した葉はなかなか元に戻りませんので、日々の水加減が大切です。

基本的には水のやりすぎによる細菌感染が原因です。放っておくと症状が進行するので対処法としては腐った根を切り捨て、植え替えを行いましょう。

根腐れ

根腐れは、基本的には水のやりすぎによる細菌感染が原因です。放っておくと症状が進行するので対処法としては腐った根を切り捨て、植え替えを行ってください。

まとめ

胡蝶蘭の水のやり方についてご紹介しました。

水はそれほど与えなくても良い胡蝶蘭で、やりすぎると細菌感染をしてしまい、根腐れの元になってしまいます。

与えるときは、コップ1~2杯程度、そして霧吹きなどを用いてみてください。

ぜひ参考にしてくださいね。

\チャット相談可能!当日配送可能、送料無料/

新鮮な胡蝶蘭のHANAMAROならこちら