胡蝶蘭コラム

胡蝶蘭の切り花を長持ちさせる方法とは?蘭は切り花で長持ち可能?

鉢植えでも長く楽しめる胡蝶蘭ですが、切り花でも長く楽しむことができるのかどうか気になりますよね。

切り花をもらった、あるいは切り花をこれから渡そうとしているけれど、長持ちさせる方法が気になっている方がいると思います。

結論から言うと、胡蝶蘭など、蘭は切り花でも一工夫で長持ちさせることができます。贈る人の想いが詰まった胡蝶蘭の花は、できるだけ長く楽しみたいもの。

一手間を加えるだけですので、面倒に思わずに試してみてくださいね!

\チャット相談可能!当日配送可能、送料無料/

新鮮な胡蝶蘭のHANAMAROならこちら

アレンジや切り花の胡蝶蘭、長持ちさせるための基礎知識

まずは、アレンジや花束としていただいた胡蝶蘭の切り花の基本的な管理方法を知っていますか?そこで、平均的な寿命などの情報と一緒に確認していくのでチェックしてみてくださいね。

胡蝶蘭は鉢に入れて育てるだけではなく、切り花としても楽しめる花です。

式典で飾っていたものを切り花として持ち帰ったり、お祝いでもらったもののスペースの都合上切り花として飾ったり、切り花は花を自由に飾ることができます。

平均的な寿命が長い胡蝶蘭の花

春・秋 7~10日
7日以内
10~14日

一般的に、切り花の寿命は短いと1週間、長いと2週間程度と言われています。

しかし、着生(ちゃくせい)植物でもともと少ない水と栄養で生きられる性質を持っているのが、こちらの胡蝶蘭です。

このため、実は切り花になっても他の花より長く生きられます。

適切に管理すれば、2~3週間は美しい状態のまま切り花として楽しめるのでとてもおすすめです。

切り花の胡蝶蘭を長持ちさせる方法【水切り】

切り花の持ちが悪くなる原因は、いくつかあります。

例えば、放置した水の中に細菌が増え、その水を花が吸い込むことにより枯れるのが早くなってしまいます。

そして、花茎を切った際に切り口から細菌が入ることや、水を吸い上げる管をつぶしてしまうことなども原因となります。

このため、その環境を良くすることで、長持ちしやすくなります。

できるだけ涼しい場所に飾ると長持ちします。水はこまめに替えるようにしましょう。夏など暑い季節には水を毎日取り替えるようにしてください。これは、水の中の細菌が増殖しやすいためです。

そして、水を替えるタイミングで切り口を5mm~1cm位切ってから、水の入った花瓶に挿すようにします。

こちらの、花茎を切る際、「水切り」と呼びます。

水切りとは、水の中で花茎を切るという方法です。水の中で切ることにより、花茎の中の水を吸い上げる管に空気が入ることや、乾燥してしまうのを防ぐことができるのですが、この際に、雑菌が入らないよう、使用前のハサミを火で炙るなどしておくとハサミの消毒になります。

水の交換と一緒に、毎日行いたいのが「水揚げ」

こちらの、水切りをしても元気が戻らないときには、「湯上げ」をしてみるようにしてみてください。

切り口を焼く方法以外には、湯上げというやり方もあります。 用意するものは、水を入れた容器、沸騰したお湯、新聞紙です。

湯上げというものは、鍋などでお湯を沸かし、沸騰させます。沸騰させたままのところに、茎を5cmほど付けます。

この時に湯気でやけどしないように、またお花を熱気に当てないように、斜めに入れます。

10~20秒お湯につけたら、すぐに水を入れた容器に茎を入れ、水揚げをしてみてください。

もしまた、しおれてしまった時も同じように湯上げを行えば元気になります。

湯上げを行うと、花茎の中の水が通る管の中に入った空気を外に押し出し、管の中に水がスムーズに上がるようになります。

また細菌の繁殖を抑える効果もあり、胡蝶蘭にとって、とても良い方法といえます。

胡蝶蘭の切り花の魅力とは?

胡蝶蘭の切り花は、鉢と違って自由に飾り付けることができます。

そして、他の花と飾ってみたり、1本だけ飾ってみたり、好きな場所に好きな花器で飾れるのが一番の魅力ですよね。

さらに、胡蝶蘭は切り花としても花持ちがよく、2~3週間は花が咲き続けてくれるのも魅力です。

胡蝶蘭のアレルギーは存在するの?臭いや花粉、人に渡す前には?お店のインテリアや心の癒しとして私たちの生活で大活躍してくれる花でお祝いに検討をしている人も多い「胡蝶蘭」。 ただ、気になるのが、...

胡蝶蘭はアレルギーもなく、毒もなく、非常に扱いやすいお花です。

切り花でも鉢でも、どちらでも、その可憐な見た目が美しいだけではなく、長く楽しむことが出来て、花粉症の症状などもないのが魅力的ですよね。

まとめ

いかがでしたか?

ここでは、切り花としての胡蝶蘭の魅力、切り花を長持ちさせる方法(水切り)、その他にも、切り花を復活させる方法(湯上げ)などを紹介しました。

胡蝶蘭は切り花の状態でも、上手に管理すれば1か月近く美しい見た目を楽しむことができるので、贈答用として愛されているんです。

管理方法なども、割と簡単ですよね。この記事から適切な管理方法を学び、毎日の水替え・水揚げを実践して、胡蝶蘭のアレンジや切り花を長持ちさせてみてください。

長く楽しめるのと、鉢植えでは1か月~2か月、切り花では2~3週間楽しむことができます。ぜひネット注文を検討してみませんか?

\チャット相談可能!当日配送可能、送料無料/

新鮮な胡蝶蘭のHANAMAROならこちら